ケアセンター

高齢化社会の進展とともに、ケアセンターは社会経済の重要な柱のひとつになりつつあります。ケアセンターの増加に伴い、衛生とサービスに対するニーズも増大しています。ケアセンターは、最新医療が提供され、近代的で快適な出会いの場所として発展し続けています。

ケアセンターには、健康で社会にうまく溶け込んでいる人だけでなく、薬に依存する人もいます。医薬品は新陳代謝の変化に重大な影響を及ぼしますが、人は強い悪臭源となり得るため、ケアセンターの患者から次々と悪臭が排出されることがあります。さらに、回復室、ルームサービス等のサービスエリアや清掃活動も強い悪臭を発生します。従って、ケアセンターにおける悪臭の中和は重要度が高く、患者、ケア担当者、家族、従業員等、様々な人が共に穏やかに生活するための鍵となるものです。

イオネアの空気清浄化システム(AQS)は、悪臭成分を中和し、過酷な環境下でも快適に過ごせるようにします。また、高齢者は感染症にかかりやすくなるため、介護施設と同じく衛生的な環境を作ることは重要です。

公共施設では経済的負担も考慮しなければなりません。例えば、空調はエネルギーコストの約40%を占め、大きなコスト要因となっていますが、イオネアの空気清浄化システム(AQS)は、エネルギー利用効率を最適化し、省エネにも役立ちます。

イオネア空気清浄化システム(AQS)の利点と効果

  • 悪臭、細菌等の削減
  • 欠勤者の減少
  • 従業員の業績/生産性向上
  • 省エネ
  • 運用コストの削減

イオン生成システム

AQS

風量

m3/h

設備の数

ケアセンター