News / TOPICS

ニュース/NEWS

Fraunhofer IBPによる新型コロナウイルスの不活性化効果取得のお知らせ

ionairが提供する空気清浄化システム(Air Quality System : 通称 AQS)が、新型コロナウイルスを含む浮遊ウイルス(エアロゾル)に対して、
99.5%以上の不活性化効果を持つことを欧州最大級応用研究機関:Fraunhofer IBPにて実証をいたしました。

日本国内におけるプレスリリースはこちらより

ionair/イオネアは、日々成長しています

1993年に” LK Luftqualität AG”という名で設立し、今日では世界中のお客様にご利用頂ている”ionair/イオネア”は、空気清浄の分野にて高い要求を満たすソリューションとして社会貢献しています。。臭いの中和(脱臭)、換気能力向上の補助効果による省エネシステムを推進すべく、2020年7月ドイツに子会社を設立いたしました。

Pilot Project

As part of a compliance and due diligence process with SSE we wanted to ensure we met all acceptance criteria and that SSE was a 100% comfortable with our systems. We looked at a number of their office buildings but in the end, we selected a medium size office block in the South East of England, a known area of poor air quality.

Exclusivity deal

Since Feb 2020 ionair have been in long discussions with SSE, a leading energy company in the UK, to introduce the AQS product into the UK and Ireland market. This milestone and the steps taken to sign this exclusivity deal are highlighted from Phil Davis.

New Partner

We introduce our partner Phil Davis from ionair UK. He will talk about how he came to work with ionair, his priorities in choosing his partner and the specifics of the UK market.

離島の屋内空気

Ionairの空気清浄化システムは、ドイツの様な先進国のみならず南半球に佇む辺境の地においてもご利用を頂いております。

新たな設備投資

空気質清浄化システムによりもたらされる屋内のイオン化は、臭気除去や細菌・カビ・ウイルスの除菌効果に貢献し、長らくご利用頂いております。近年では、住宅環境や屋内広域空間に対する空気清浄効果が認められつつあり、効率的で省電力化を行う手段として、欧米・アジア圏を中心にご利用頂く機会が増えてまいりました。
この理由としては、計測技術の向上により、PM2.5, PM10,VOCなどの悪性物質による健康被害の顕在化や、設備維持に関わる管理コストやCO2などの環境問題に対して前向きに取り組む企業が年々増加している事によるものと考えられます。これらのニーズに対応するためにionairでは、研究開発設備や研究室設置といった自社投資を積極的に行い、2020年12月末を目処に試験施設の運用を開始する計画を進めております。これにより、新たな空気計測センサー開発、イオン発生装置の改良や空気質、衛生対策への有効性に対する研究に活用を行います。
進捗については、今後配信するニュースレターにて詳しくお伝えをしていく予定です。

世界中でionairのシステムが稼働中

ご存知の通りionairはスイスに本拠地があります。それ故、スイスの中央部に位置する弊社は、代理店や子会社との協力体制を通じて、世界中のお客様に対して製品を販売・流通しております。また、パートナーのいない地域においては、本社からの迅速な対応を行っております。ベトナム/カジノを例にご紹介致します

ionair inactivates virus over 99%

The Air Quality System (AQS) of ionair in the supply air frees the indoor air from airborne surrogate viruses (non-pathogenic covered Phi6 bacteriophages with structure, particle size and environmental stability equivalent to that of SARS-CoV-2). This has been certified by the Fraunhofer Institute for Building Physics IBP. This is very positive news for the Swiss Company and our international customers.

Small and yet operating worldwide

ionair has its headquarters in Switzerland. Nevertheless, the company, which is based in central Switzerland, markets and distributes its products throughout the world with the help of subsidiaries and local partners. If no partner is available on a local level, it has to act quickly from the headquarters, as was recently the case following an inquiry from a Casino in Vietnam.

イベント/EVENT

There are currently no entries

ionair inactivates virus over 99%

The Air Quality System (AQS) of ionair in the supply air frees the indoor air from airborne surrogate viruses (non-pathogenic covered Phi6 bacteriophages with structure, particle size and environmental stability equivalent to that of SARS-CoV-2). This has been certified by the Fraunhofer Institute for Building Physics IBP. This is very positive news for the Swiss Company and our international customers.

Read more...