介護施設

衛生的であることは介護施設の必須要件です。水、人、器具の他、換気システムは感染源の一つと考えられていますが、換気システムは感染症の隠れ家とも言えます。手、水、溶液、空気等を媒介として、宿主から人へと感染が拡大しますが、室内空気が衛生的であれば、感染リスクは最小限に抑制されます。

衛生的であることはもちろんですが、快適さも介護施設の評判を左右する重要な成功要因です。介護施設の患者、見舞客、従業員の誰もが心地良く感じる環境が必要であり、また、従業員は健康的な環境で働けるようにしなければなりません。近年では、介護施設がホテル、レストラン、出会いの場にもなってきており、あらゆる場面で清潔な室内空気が求められています。

ある民間介護施設のCEOは、「見舞客や患者が介護施設にいることを忘れるくらい、室内の空気質を良質なものとする必要がある。」と述べています。介護施設の典型的な匂いは最大限排除しなければなりません。

介護施設はコスト面でのプレッシャーがあり、リソースに対する慎重な対応が求められます。また、対外的にも環境にやさしいエコ施設として認識される必要があります。イオネアは、投資・運用コストを抑えて可能な限り最高の空気質を実現するため、計画段階から数十年間の運用を視野に総所有コスト(TCO)を算出し、室内の空気質と衛生レベルの積極的な改善に向けて介護施設の経営者をサポートしています。建物の利用環境が変われば、幾度となく必要なすり合わせが行われ、経営にも変化が現れます。イオネアの装置はインフラに干渉することなく、非常に簡単に環境を改善できます。

イオン生成システム

AQS

風量

m3/h

設備の数

Nursing Homes