ホテル

近年のデジタル化により、ホテル経営は劇的な変化を遂げています。ホテルの客はオンラインのレビューを読み、ホテルを評価します。ホテルの評価が予約につながることもよくありますが、その際、清潔さや衛生は重要な評価基準となります。宿泊客にとり衛生的であることは当たり前の条件であり、妥協の余地はありません。人は臭覚で清潔さや衛生レベルを見抜きますが、ひとたび不快な臭いを感じ取れば、気分を害し、反射的にホテルの衛生レベルを問題視することになるのです。

ホテル側は一切弁解できません。不衛生な環境は不快な臭いを生じますが、ホテル内には悪臭の発生源が数多く存在します。例えば、香水のきつい匂いは数日間客室内に残ることがあります。そのため、客室を無臭にすることは極めて重要です。悪臭の排除に芳香剤を使うことは新たな汚染物質を発生させるだけでなく、体質によっては人工的な香料が炎症やアレルギー症状を招くこともあります。一方、最近人気のオープンキッチンは臭気が漏れやすいため、厳しい衛生基準を満たさなければなりません。

このような事例は列挙にいとまがありませんが、ホテルの衛生に対する要求が高いことは明らかです。イオネアは、投資・運用コストを抑えて可能な限り最高の空気質を実現するため、計画段階から数十年間の運用を視野に総所有コスト(TCO)を算出し、ホテル経営者をサポートしています。建物の利用環境が変われば、幾度となく必要な適応がなされ、経営にも変化が現れます。イオネアの装置はインフラに干渉することなく、非常に簡単に環境を改善できます。

イオン生成システム

AQS

風量

m3/h

設備の数

ホテル

ionair inactivates virus over 99%

The Air Quality System (AQS) of ionair in the supply air frees the indoor air from airborne surrogate viruses (non-pathogenic covered Phi6 bacteriophages with structure, particle size and environmental stability equivalent to that of SARS-CoV-2). This has been certified by the Fraunhofer Institute for Building Physics IBP. This is very positive news for the Swiss Company and our international customers.

Read more...