室内空気の改善

機能

ダクトの無い室内の空調機にイオネアの空気清浄化システム(AQS)を据え付けると、換気された室内の空気質や衛生レベルが大幅に改善されます。また、イオン化により室内の不快な悪臭が確実に削減されます。イオン化の強度は、室内空気質、風量、湿度に基づき、必要に応じて決められます。オゾンが許容値を超えると、オゾンセンサーがこれを感知し、適宜イオン化強度を低減します。

イオネアのパワーコントローラは、センサーの信号に基づき、必要なイオン化強度を決定します。

センサーの値、イオン化強度、システムパラメータは、イオネアデータセンターに送信され、人口知能(AI)の助けを借りてより詳しい情報が導かれます。お客様は、必要に応じて、いつでもこの情報にアクセスできます。

► 計測/調整/制御/監視 

ユーザーの利点

Below are the advantages at a glance:

  • 健康的な室内空気
  • 室内空気質および衛生レベルの改善
  • エネルギーコスト削減
  • 悪臭生成物質(揮発性有機化合物)の削減(約50%)
  • 衛生レベルの改善
  • バクテリア、細菌、菌類の削減(約95%)
  • 微粒子の削減(約50%)
  • 悪臭問題の解決による苦情防止
良質の室内空気は、いくつかの個別要素から成り立っています。
– Beda Weibel, CEO –

構成部品:

イオネアの空気清浄化システム(AQS)は、空調システム設計時に新規に導入するか、または既存の建物内でのレトロフィットにより導入します。

イオネアパワーコントローラ(出力制御部)

イオネアの空気清浄化システム(AQS)の中核であり、センサーから得たデータの評価およびイオン化モジュールのイオン化強度調整、システムパラメータの調整、データリンクVeritasNETとの通信に使用します。空気量が最大3,000 m3/時まではICA 1000が適していますが、空気量がそれ以上になるときはICA 2000を使用します。

イオン化モジュール

イオン化モジュールは、必要なイオン化エネルギーを生成する「モーター」です。イオン化モジュールは、空調システム(HVAC)の空間または給気ダクト内に取り付けます。最新のイオン化モジュールには、過酷な空気環境にも対応する防水・防塵タイプをご用意しています。

センサー

センサーは、外気および抽気の空気質、相対湿度、排気の体積流量およびオゾン濃度等、最適な調整に必要な入力パラメータを測定します。

データリンクVeritasNET

VeritasNETは、イオネアの装置運用状況のモニタリングを目的として、イオネアデータセンターや汎用ビル管理システムとのデータ転送に使用するシステムです。

イオネア製品(技術)の具体的利点

  • 必要性に基づく調整
  • 空気質システム
  • 本質的安全操作(外乱変数および自動警報の収集、イオネアデータセンターでのシステム監視および予防保守)
  • カスタマーポータルを介したイオネアデータセンターでのシステム運用監視
  • スイスメイドの品質
  • 部品やアップグレードの長寿命、長期可用性
  • ワールドワイドのカスタマーサービスおよびメンテナンス体制

ionair inactivates virus over 99%

The Air Quality System (AQS) of ionair in the supply air frees the indoor air from airborne surrogate viruses (non-pathogenic covered Phi6 bacteriophages with structure, particle size and environmental stability equivalent to that of SARS-CoV-2). This has been certified by the Fraunhofer Institute for Building Physics IBP. This is very positive news for the Swiss Company and our international customers.

Read more...