いつもきれいな空気を求めて

健康的な室内環境は様々な要因に左右されます。音響の他、光質、温熱快適性や空気に含まれる微粒子、微生物、液体ガス等も空気質に影響を及ぼします。汚染物質の量や加熱、換気、空調(HVAC)システムも空気質に影響するため、有害汚染物質の予防を念頭に換気および空調システムの設計、据付け、保守を行う必要があります。空調(HVAC)システムが衛生管理要件を下回ると、様々な要因により空気質は簡単に劣化します。室内空気中の汚染物質の濃度が上昇し、人の幸福や健康に悪影響を及ぼすことを、専門的には汚染負荷量と言います。

空気は人の幸福を左右する非常に重要な要素であり、空気質を軽く見ることはできません。そのため、室内空気質を大幅に向上するイオネアの空気清浄化システム(AQS)が開発されました。また、様々な研究により、健康や幸福と空気中のイオン量等の物理的性能には相関関係があることが明らかになっています。空気をイオン化することで質の高い空気を知覚できるようになりますが、これは様々な空気質測定法の成果といえるでしょう。空気質を左右するすべての関連パラメータに対し、イオネアの空気清浄化システム(AQS)の利点および効果は極めて重要な意味を持っています。

イオネアの空気清浄化システム(AQS)は、室内空気質に関係する以下のパラメータを改善します。

イオネアの空気清浄化システム(AQS)は、通常、時間と濃度に応じて揮発性有機化合物(VOC)を30~80%削減します。臭気の知覚限界は奥深く、悪臭物質の比率が少なければそれほど不快に感じないことも多々あります。

揮発性有機化合物は、気化しやすい有機炭化水素含有物質の一般名称で、低温(例:室温)ではガス化します。

オルファクトメータ法は、臭いが人に与える影響を調べる試験法であり、人間の臭い知覚を最もよく表します。臭覚パネルは希釈濃度に基づきサンプルの臭気限界(閾値)を決定し、試験結果は統計処理を経て提示されます。イオネアの空気清浄化システム(AQS)は、DIN規格13725に従い、臭気を50%程度削減しますが、これは活性炭フィルタの中和率と同等です。

DIN規格 13725:この欧州規格(EN)は、動的オルファクトメータ法に基づき人が感知するにおい物質の客観的決定方法ならびに特定の体積流量を持つ点源、面源および特定の体積流量を持たない面源からの放射流の決定方法を定めています。

細菌、バクテリア、真菌、花粉等の微生物は生物活性を有しており、微生物の増殖と寿命は環境条件により大きく異なります。微生物が増殖すると人間の代謝機能を損ない、感染症を招いたり、アレルギー反応を起こす可能性があります。

微粒子は空中浮遊菌の一部であり、微粒子の定義は、1987年に紹介された米国環境保護庁(EPA)の粒子状物質の「National Air Quality(全国大気質)」 基準(略称:PM基準)に遡ります。大気中の微粒子の約90%は、海水、火山活動、森林火災により生じたエアロゾル等、天然由来のものです。残りの10%は主に人為的活動に起因します。人為的に生成された微粒子の主因には、経済活動全般、道路、航空および鉄道輸送、一般世帯、消費者、農業等が含まれ、程度の差はありますが、これらのすべてが微粒子生成の要因となっています。微粒子は室内にも存在しますが、沈降法またはパーティクルフィルタを用いた吸着法により分離できることがあります。

空気イオンは、帯電した微粒子の総称で、不安定なガスクラスターに付着し、常に自由にかつ豊富に空気中を浮遊しています。イオンは(電子が欠損している)正電荷または(電子が過剰な)負電荷を帯びた原子または分子を指します。空気イオンは、質量と電気的移動度により小イオン、中イオン、大イオンの3種類に分類されますが、小イオンは容易に肺まで達するため、生物気候の観点から最も大きな意義があります。

イオンには、天然由来のものと人為的に生成されたものがあります。自然の中では2つの方法でイオンが生成されますが、人為的に生成する場合は、コロナ放電と標的型放射線照射の2つの方法で生成します。放射性物質を用いる方法では、当初、放射性物質を完全に除外できず、大気イオンの他、他の成分も生成されました。また、コロナ放電では測定可能な量のオゾンが有害な副産物として生成されました。

空気をイオン化すると、エネルギーが豊富になり、反応性が高まります。この現象は、空気質を左右するパラメータの測定により確認できます。また、完全に清浄な室内と同程度の環境を生成します。清浄な環境では汚染物質の濃度および酸化還元電位が低く、活性酸素(酸素イオン、自然のオゾン等)が増加し、ユングフラウヨッホやリギ等の山岳部と同等の値が得られます。

イオン化空気が人に与える効果は、様々な研究や計測により証明されています。生理的意義は主に人体の代謝機能に関わっていますが、新鮮な空気を感じとる知覚効果もあります。電荷交換により繊毛細胞の電子バランスが中和されますが、これは人為的にイオンを供給することで生じ、激しい雷雨の後の空気に相当します。また、様々な生理的プロセスを誘因するイオン化空気を取り入れることで、生理学的刺激が生じます。

Vargaは、1972年と1986年の研究報告書の中で、人間の生理に及ぼす空気イオンの効果について総合的な発表を行っています。彼は研究の中で、被験者の血中酸素濃度、血圧および脈拍を調査し、この3つの因子に対する空気イオンの効果を証明しました。そして、イオン化空気により非喫煙者の血中酸素濃度が上がり、大多数の被験者の脈拍数および血圧が下がることを特定しました。

この研究の大半は、酸素の吸収等、空気イオンの直接的に実証可能な生理学的効果に限定されていますが、それにも関わらず、被験者の幸福を測る上で信頼できる証拠が存在します。また、室内空気のイオン化により、疲れにくい感覚等の一般的知見が記録されています。

様々な基礎研究により、イオン化空気の抗菌効果が明確に確立されています。負電荷を持つイオン(上記参照)はバクテリア低減効果があります。また、強力なイオン化装置を用いることで、初期濃度の0%に近い値までVOCおよび微生物が低減することを示す計測結果が出ています。

人体は空気中の汚染負荷量が低い微生物、微粒子、汚染物質の負担にそれほどひどく耐えているわけではありません。 一方、空気中のエネルギー密度が上がると、人体の代謝機能が改善します。そして、欠勤が減り、より生産的になるという好ましい結果が生まれます。健全な空気環境は健康な体をつくり、健康な人は付加価値を高めることができると言えるでしょう。