地下鉄や鉄道の駅

鉄道駅が最も重要な交通の要である市町村がまだ沢山あります。毎日、多くの人が鉄道駅の界隈を行き来し、そこを魅力的な場所にしています。

町の中心に位置し、人が頻繁に往来するビルの空調設備は、設備管理者にとり非常に難しい問題を提起しています。レストラン、スタンド、ショップ、ホテル、喫煙所、物資供給/処理設備、病院等、様々な方法で利用される主要駅は汚染源となりやすく、通常、空気の質も高くありません。良質の空気に対する需要は空港、レストランだけでなく、病院にも匹敵するほどです。

イオネアの空気清浄化システム(AQS)は、最適な換気システムを構築し、高効率の運用により、用途に適した高品質の空気を生成します。

イオン生成システム

AQS

風量

m3/h

設備の数

地下鉄や鉄道の駅

Briefly and concisely explained
There’s no question about it: we need it. Fresh air to live that is. However, the quality of our indoor air is not always particularly good. Industry, traffic or other sources of emission blow out harmful substances, which means that ventilation and air conditioning in buildings is a real challenge. Ionization provides a remedy. We explain here in a straightforward and comprehensible way how this works. We hope you find it interesting…

 

Ionization removes viruses
The results surpassed all our expectations. The test arrangement demonstrated that a reduction in surrogate viruses of more than, believe it or not, 99 percent is possible thanks to ionization. You can see how the Air Quality System (AQS) from ionair accomplishes this in the video here…